All Posts

アクアのスピードメーターを解析してPS3のコントローラで動かす

しゅーとです。
リアルECUシリーズ第二作目。

ヤフオクにてアクアのコンビネーションメータを手に入れたので色々いじってみた。

リアルECUを召喚して本物のCAN通信の雰囲気を知る

これまでシミュレーション環境でカーセキュリティの勉強をしていて、その成果は妄想CAN三部作ということで以下の記事にまとめている。

  1. シミュレーション環境でCAN通信を試す
  2. ドア開錠を行うCAN通信を特定する
  3. ECUの車速に関するCANメッセージを特定して騙す

そこで実際に車で使われているECUを入手、基板を解析してCANポートのピンアサインを特定し、現実のCAN通信の雰囲気を知ることにした。

ECUの車速に関するCANメッセージを特定して騙す

CANの記事も3回目。引き続きシミュレーション環境のICSimでCAN通信の勉強。

前回はドア開錠メッセージをSavvyCANのOverwrite Modeで特定した。
しかしあの程度ならわざわざSavvyCANを使わずともcansnifferなどでも十分見つけることができる。

今回は、常に膨大なデータが流れていて普通のCUIでは見つけることが難しそうな車速に関するメッセージを、GUIモニタのSavvyCANならではの機能を使って見つけてみる。

特定したあとは、実際の速度から別の速度に詐称できないかを試す。

ドア開錠を行うCAN通信を特定する

今回も引き続きシミュレーション環境のICSimでCAN通信の勉強。

前回 はどのCANメッセージがドアをあけるものなのかわからないながらも、通信そのままリプレイさせることでドアの開錠を成功させた。

今回は、どのCANメッセージがドアをあける通信なのか特定を試みる。

シミュレーション環境でCAN通信を試す

車がなくてもカーセキュリティの勉強がしたい!

ということでカーハッカーズハンドブックを読みつつICSimを使ってCAN通信を試してみる。